実習報告

対象コースPlus+

2月SPL『透明骨格標本』~骨格&プラスチック~

全4回シリーズで約1ヶ月かけて実習を行います。
透明骨格標本は小さなドジョウとタナゴでつくりました。

一般的な骨格標本の作製方法である水で煮て肉を落とし骨だけにして組み直しますが、小さい魚等を骨の一つひとつがとても小さく、この方法で標本にするのはたいへん難しいものがあります。また繊細な骨格要素を再現できなくなることもあります。透明骨格標本は物理的に肉を取り除くのではなく、組織を透明化することで骨格をみることができるように薬品を使って標本にしました。また軟骨・硬骨の染め分けもでき、より詳しく観察ができます。

日数もかかり薬品も多く使いますが、自分だけの透明骨格標本を作りあげました。

 実習報告TOPへ

アクセス

サイエンス倶楽部
逆瀬川教室

〒665-003
兵庫県宝塚市
逆瀬川1-2-1 アピア1 4F
TEL : 0797-26-6816

阪急今津線逆瀬川駅 徒歩1分

逆瀬川駅に直結している商業施設「アピアさかせがわ(アピア1)」の4階にございます。

※駐車場:アピアさかせがわで買い物されると1時間30分まで無料、以後30分につき200円かかります。

※駐輪場:近隣の駐輪場をご利用ください。

 詳細へ

関連情報

その他の関連情報は本部のサイトをご覧ください。