実習報告

対象コース小学5年生
専科

11月小5・6マスター「ものの燃えかた」

今回の実習は、”燃焼”を取り上げました。

”ものが燃える”という現象は、身近な現象ですが多くのことを学ぶことができます。初めの実験では、銅の粉を加熱しました。この実験では加熱前の銅粉と、加熱後の銅粉の重さの比について考察を深めました。

また、ロウソクの炎の中に金網を入れると、炎の温度により色の付き方が変化します。これらの実験から、ものが燃えるときに起きる反応を分子レベルで考察しました。さらには、大迫力の”粉塵爆発”を目の前で体験してもらいました。

家でもロウソクを使ったり、ガスコンロを使ったりと「ものを燃やす」ことをしていますが、なかなかそのメカニズムまで考えることはありません。実習ではさまざまなものを燃焼させてそのメカニズムについて探っていきました。

燃焼させているのに、なぜか重さが重くなる?燃焼させているのに二酸化炭素が出ない?分子の反応として燃焼をとらえると「物質と酸素が激しく反応して熱や光を出す反応」であり、燃焼でできるものは元の物質によって違うということもしっかりと理解できます。

身近な燃焼で、いったいどんな物質が反応しているのかも、ぜひ考えてみてください。

 実習報告TOPへ

アクセス

サイエンス倶楽部
逆瀬川教室

〒665-003
兵庫県宝塚市
逆瀬川1-2-1 アピア1 4F
TEL : 0797-26-6816

阪急今津線逆瀬川駅 徒歩1分

逆瀬川駅に直結している商業施設「アピアさかせがわ(アピア1)」の4階にございます。

※駐車場:アピアさかせがわで買い物されると1時間30分まで無料、以後30分につき200円かかります。

※駐輪場:近隣の駐輪場をご利用ください。

 詳細へ

関連情報

その他の関連情報は本部のサイトをご覧ください。